参加までの手続き

  1. 資料請求・問い合わせ  まずは電話、E-Mail、オンライン上にてお問い合わせ下さい。
       ▼
  2. 無料カウンセリング こちらからご連絡させて頂いて目的と希望をお伺いいたします。
       ▼
  3. 申込み手続き 所定の申込書をウェブサイトよりプリントアウトし(PDFファイル)、E-Mail又は FAXにて送付。
       ▼
  4. 申込み書を受領次第、研修同意書などの詳細パッケージを郵送いたします。
       ▼
  5. 研修同意書への承諾 内容をよくお読みいただき、郵送又はファクスにてご送付下さい。
       ▼
  6. 研修代金の支払い 銀行振り込み
       ▼
  7. 研修のしおりなどのパッケージを郵送いたします。
       ▼
  8. E-Mailや電話などで、研修前オリエンテーション(生活編・事前学習編)
       ▼
  9. パスポート取得や旅行保険加入など(各自負担による)
       ▼
  10. 出発 

j0411676.jpg

申込みフォーム(印刷用)

 下のフォームをプリントアウトしてご記入下さい。

◆プログラム申込書 application.pdf

資料請求・問い合わせ

資料請求・問い合わせ

 

My Fieldset
  1.  (required)
  2.  (valid email required)

cforms contact form by delicious:days

研修規約

研修規約 ~お申込みの前に必ずお読み下さい。~

  1.       参加費用に含まれるもの 
    現地での交通手段にかかる費用、ホームステイ費用、ホームステイ中の食事、ホームステイ以外のホテル宿泊費、各施設入場料、事務連絡費、説明会費用

  2.     参加費用に含まれないもの 
    パスポート作成費用、ホストファミリーとの外出にかかる自分の分の費用、各プログラム説明に明記してある、個人負担の食費、滞在中のお小遣いやお土産などの個人的出費、集合場所までの交通費、海外旅行傷害保険、自由時間中の食事代等

  3.    キャンセルについて 
    参加費用は旅行費用と研修費用に分けられます。研修費用部分の取り消しに関しては、それぞれの研修によって違います。旅行費用部分の取り消し費用は、旅行業約款の規定に基づき、下記のように定められています。

  4.  旅行中止について 
    各プログラム説明に明記した最少催行人数を満たない場合、旅行の催行を中止することとなります。この場合は研修旅行開始日からさかのぼって
    3週間前に連絡させて頂き、お預かりしている研修代金を全額返金致します。

  5. 天災地変、戦乱、暴動又はストライキ、テロ、空港閉鎖、連邦政府や州政府の命令、裁判所などからの命令、伝染病、による隔離等による研修旅行日程の変更や中止に関しては、当センターは責任を負いません。また、教育プログラムの趣旨を理解せず、国際交流を行うために当センターが定めたルールを著しく違反する場合、警告をうけた後の改善がみられない場合は、途中のプログラム参加中止となる場合もあります。この場合の費用は全て自己負担になります。天災地変、戦乱、暴動又はストライキ、テロ、空港閉鎖、連邦政府や州政府の命令、裁判所などからの令、伝染病、による隔離等による研修旅行日程の変更や中止に関しては、当センターは責任を負いません。

キャンセル期日

キャンセル料金
申込み日より31日前まで 企画料金に相当する額
旅行開始日の前日からさかのぼって30日目まで 研修代金の20
旅行開始日の前々日及び前日 研修代金の50
旅行当日の旅行開始後の無断キャンセル 研修代金の100

FAQ

1. 西大和海外教育センターがするサポートとは?

     空港送迎、引率同行、日本語での相談、トラブルの相談、現地情報提供、生活指導、教材提供、ホストとの仲介、事務処理のお手伝い等、留学研修がより良い成果を上げるために最善の努力を払います。 緊急時連絡先の設置など、常に日本語の出来る現地に精通したスタッフに、24時間携帯電話に連絡を取る事が出来ます。お気軽に当教育センターに相談していただけるように、帰国までの24時間サポートを実現しています。

2. 見積もり以外にはどんな出費がありますか?

     教育センターでお出ししている研修費用は、ホームステイ滞在費用、ホームステイの食費(朝食・夕食)、アクティビティ費用、教材費、滞在中送迎費用、観光費、引率サポート費、事務連絡費が含まれています。
     研修費用に含まれないものとして、滞在中のお小遣い、空港乗換え時の自由時間の食事代、ホストファミリーとの外出時の自分の分の費用、日本へのおみやげ代などです。個人の旅行保険(海外傷害保険)も必ず加入されるようにお願いしております。少ない人では保険以外に2万円あれば足りると思います。

3. 滞在中のお金の支払方法は?

     クレジットカードやトラベラーズチェックと1万円分の現金を現地通貨に両替して持参する事をお勧めします。多少の現金を両替しておくことは現地での食事代、チップ、交通費などのための準備です。ビザやマスターのクレジットカードは容易に利用する事が出来るので持参する事をお勧めします。(JCBはあまり利用できません。)トラベラーズチェックをご利用の場合は、パスポートを見せて、支払いの際にはチェックにパスポートにあるサインと同様なサインをその場でして購入します。2~3週間と短期の留学の場合は、日本からの送金に手間がかかる場合がありますので、出来るだけ余裕のある充分な予算を見積もって渡米しましょう。

4. ホームステイも海外旅行も初めてで、英語が全く出来なくても参加は出来ますか?

     ホームステイの家庭は慎重な面談の後に選定されて行きます。ほとんどの家庭は留学生を預かった経験のあるホームステイですので、英語が出来ない事を前提として家庭に招いてくれていますので、親切に忍耐強くジェスチャーを含めてコミュニケーションを図ってくれます。留学の際には申請書を提出して頂いております。その中にホームステイに対しての希望・ペットの有無・アレルギー・喫煙の有無・食事・家族構成への質問欄がございますので詳細をご記入いただきましたら、そのご希望に添えるようなホームステイを探すようにお手伝いたします。

5. ホームステイの人々はどの様に接してくれるのでしょうか?

     家庭を留学生に開放している人達は異文化習慣・異言語に大変興味がある方ばかりです。その理由から、滞在者に対しては本当に暖かく、滞在中は楽しんでもらいたいという思いやりで一杯です。確かに言葉の壁は辛いものですが、教育センターがお手伝いしたほとんどの留学経験者の感想は、ホストファミリーの寛大な暖かさに触れて、コミュニケ-ションは言葉だけではないと言う貴重な経験を学んでくれています。渡米前は不安で一杯だったのにもかかわらず、一緒に生活した後、帰国する時期になると、同じホームステイに又戻って来たいという声はほとんどの体験者から聞かれるものです。

6. お土産はどんなものがよいのでしょうか?

     日本文化を自分で紹介できるもの。
    例として、ハッピ、日本の写真、日本的な便箋、カード、日本独特で、日本芸能文化を紹介できるものが喜ばれています。和菓子や和食は好まれませんが、日本製の洋菓子は好まれます。

7. ホームステイ先はいつ頃決まるのでしょうか?

     渡米前の約2週間~1ヶ月前に決まります。その際には家族名・家族構成・年齢・滞在先住所・電話番号・Eメール等の情報をお渡ししております。

8. なぜ、留学を薦めるのですか?

     自分の国とは違った文化習慣に触れることは、自分の国の良さや、自分自身の発見、そして自分にかかわっている家族、友達、社会、学校、仕事、勉強などを見直す良い機会になります。視野を広げる事は、自分の成長にも、人生の指針にも大きく関わってきます。将来の進路も大きく選択肢が増えることになります。また、私たちのホームステイを体験した人の多くは、「ホストファミリーを見習って私も家族を大切にしなければ」という感想を持ちます。